日本でオンラインカジノが運営できる日が来るのか

オンラインカジノが合法化される未来が来る?

オンラインカジノが合法化される未来が来る?

2018年7月20日、ついにIR推進法案が成立しました。
IR推進法案が成立するかどうかが注目を集めていたのは、日本初となるカジノの誕生と関係があるからです。

IRというのは特定複合観光施設区を英語にした時の略称で、これはすなわち複数の施設が集まった統合型のリゾート施設のことを指しています。
その施設の1つにカジノがあり、IR推進法案こそがカジノ合法化の鍵となっていました。
IR推進法案が成立しても、すぐにカジノがオープンするというわけではありません。
これから様々な話し合いがもたれ、そこで最終的にカジノに関する法律が制定されることになります。

現在の日本の法律ではカジノは禁止されています。
日本にカジノを誕生させるためにはその法律を改める必要があります。
そして、ギャンブルに対する法律の改定で期待されているのが、オンラインカジノの合法化です。

今のオンラインカジノの扱いについて

オンラインカジノは合法と考えている方も多いかもしれませんが、現在のところオンラインカジノは合法なギャンブルではありません。
しかし、だからといって違法なギャンブルというわけでもありません。
合法でも違法でもない。
そう聞くと混乱してしまいますが、これがオンラインカジノの現状なのです。

違法ギャンブルを行った場合賭博罪という罪が科せられます。
しかし、賭博罪は日本国内においてしか効力を発揮しません。
主催者となる胴元とお金を賭ける利用者が同時に日本国内に存在しなければ、この罪を適用することが出来ないのです。
オンラインカジノの運営会社はヨーロッパをはじめ海外にありますし、サーバーも同じく海外にあるので、利用したからといって賭博罪にはあたりません。
また、日本で合法とされているギャンブルは競馬や競輪などの公営ギャンブルだけなので、オンラインカジノは合法ギャンブルとしても認められていません。

今のオンラインカジノの扱いについて

ただ、今回のIR推進法案成立により、オンラインカジノも合法化される可能性があります。
カジノを合法化している国の多くはオンラインカジノも合法としています。
逆に考えれば、オンラインカジノを認めている国ではカジノも認められているということです。
そのため日本も、そうした海外の国に倣いオンラインカジノを合法化する可能性があります。
カジノに次いでオンラインカジノも合法化されると、日本人に特化した日本人が遊びやすいオンラインカジノも登場するかもしれません。

オンラインカジノが合法化されるとどうなるのか

カジノが日本にオープンし、その影響でオンラインカジノも合法となった場合、オンラインカジノにどのような影響が出るのでしょうか。

合法ギャンブルとして認められた場合、まず国内の業者がオンラインカジノ業界へ参戦してくるので、現在のオンラインカジノのデメリットとなっている入出金が非常に簡単になります。
現在のオンラインカジノは海外の業者にて運営されているため、入出金に非常に手間がかかります。
入金はクレジットカードが使えるのでクレジットカードを持っている方ならばそれほど苦労しませんが、出金にはクレジットカードが使えないので、エコペイズなどの電子決済サービスを使うか、高額な手数料を支払い海外送金するかの二択しかありません。
これがオンラインカジノが合法化され、日本の業者が運営を始めると24時間リアルタイムでの入出金が可能となりますし、手数料もほとんど取られずに出金することが出来るようになります。

また、サポート対応ももちろん、日本人スタッフが行うことになるので、わからない点や疑問に思う点があっても、メールやチャット、電話ですぐに解決することが出来ます。
ネットサービスは顔を合わせずに行われるため、こうしたサポート対応が非常に重要となります。
現在オンラインカジノ大手では日本人スタッフによるサポート対応も実施していますが、常に日本人スタッフに対応してもらえるわけではありません。
時にはカタコトの日本語しか話せない外国人の方が対応することもあります。
これは電話だけでなく、チャット、メールに関しても同じですので、問題点をすぐに解決することが出来ない場合もあります。

オンラインカジノが合法化されるとどうなるのか

そして、オンラインカジノの合法化で一番大きな影響は他ギャンブルの衰退でしょう。
ギャンブルを行う人の目的は賭けた分以上の利益を出すことです。
オンラインカジノは稼げるギャンブルであると同時に稼ぎやすいギャンブルでもあります。
ペイアウト率は97%、大当たりであるジャックポットは最大で数十億円と、その他のギャンブルでは絶対にあり得ない魅力的な特徴を持っています。

まずペイアウト率ですが、パチンコの場合でも80%ですので、この97%という数字がどれだけ飛び抜けているかがわかるでしょう。
続いてジャックポットの配当金です。最大で数十億円となっているので、日本で販売されている宝くじの1等でもまったく届かない金額です。
これほど魅力あるギャンブルが合法となったら、ギャンブル好きの方だけでなく、これまでギャンブルとは無縁だった方も物は試しにとプレイしてみるでしょう。

こうしたオンラインカジノの他のギャンブルとは一線を画す、稼ぎやすさと配当金の高さから他のギャンブルからオンラインカジノにギャンブルの場を移す方が増えることになるでしょう。