ボーナスは義務ではない

オンラインカジノをまずは始めてみよう

オンラインカジノを始める際には、準備が必要です。
そこで、何から始めればいいのか流れを見ていきましょう。

オンラインカジノを始める際ですが、まずはソフトのインストールをする必要があります。
まずは好みのオンラインカジノを選び、いますぐプレイなどのロゴをクリックして、ダウンロードしましょう。
この場合、Windowsには対応をしていますが、Macには対応をしていません。
その場合、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノを選ぶことが望ましいです。
インストールが完了されれば、デスクトップにオンラインカジノのアイコンが表示されます。

一度ダウンロード後にプレイできるか試してみましょう。
正常にダウンロードができない場合には、セキュリティソフトの設定によるものが原因となっていることもありますので、セキュリティ設定を確認してみてください。

アカウント開設の注意点

その後、オンラインカジノのアカウントの開設を行います。
その際必要事項を入力することになりますが、絶対に嘘は書かないようにして、入力ミスもないようにしましょう。
氏名などはローマ字で記入しますが、ここが間違っていれば、後程払い戻しの際に、応じてもらえない場合もあります。

また、ここでカジノで使用する通貨を決定します。
この場合、米ドル以外認めないカジノもあれば、ポンドやユーロも選べるカジノもありますので、通貨を変換する際の手数料のことを考えながら選ぶようにしましょう。

チップの購入について

チップの購入については、オンラインカジノにログインし、キャッシャーから入金を選択します。
購入手段としては、クレジットカードや、エコペイズなどの電子決済、銀行送金がありますが、入出金のどちらもができるエコペイズがおすすめです。

入金の金額によってはボーナスがもらえる場合もあります。
メールやボーナス申請ページから申請するなど、オンラインカジノによって申請方法が異なります。
公式サイトを参考に申請するようにしましょう。

払い戻しはどうすればいい?

オンラインカジノの払い戻しも、オンラインカジノにログインをしてキャッシャーから払い戻しを行います。
払い戻しには、エコペイズなどの電子決済サービスが主流で、あとは小切手や電信送金という方法があります。
小切手の場合、手間と手数料を考えると、現実的ではありません。

また、初回の払い戻しには、身分証明書が必要となりますので、準備をしておきましょう。

オンラインカジノ特有の制度、ボーナス

オンラインカジノには、ある条件を満たすことによってボーナスが受け取ることが出来るという特有の制度があります。
パチンコ、スロットなどにはこういったシステムはもちろんなく、基本的には玉と等価交換です。
しかし、オンラインカジノにおいて、このボーナス制度は多くのサイトで採用されているので、お得に遊ぶことができます。

オンラインカジノによって種類は様々ですが、そのカジノならではのボーナスシステムがあったりします。
しかしながら、オンラインカジノにはいくつか基本的なルールがありますので、それをきちんと守らなければなりません。

そもそもボーナスとはどういうもの?

オンラインカジノのボーナスとは、ある一定の条件を満たすことによって受け取ることができるものです。
また、ボーナスを利用して勝った勝ち金を出金するためにも条件があります。

オンラインカジノにはお得なボーナスが設けられているものの、無条件で獲得できるほど甘くはありません。
たとえば、ボーナス条件としては、チップの購入金額+ボーナスの10~30倍を賭けるという条件が一般的となっています。

禁止ゲームと除外ゲームの存在

オンラインカジノのボーナスでボーナス条件にカウントされないゲームがあります。これが、除外ゲームです。
これは、オンラインカジノがとる手数料が低いということで設定されていて、もしも間違って遊んでしまえば、ペナルティがあるので、注意をしましょう。

また、禁止ゲームは遊ぶこと自体を禁止されているゲームで、除外ゲームよりも処分は重くなってしまいますので、注意が必要です。
これは、オンラインカジノ側が赤字にならないような工夫であると考えておきましょう。

ボーナスの種類について

オンラインカジノによって、用意されているボーナスは異なっています。
まず、初回ボーナスと入金ボーナスはたいていのカジノにあるポピュラーなボーナスです。

その他にもセカンド入金ボーナスや、マンスリーボーナス、プロモーションボーナスなど、ひとえにボーナスといってもさまざまなものがあります。

ボーナスをもらうべきなのかどうか考える

このように、オンラインカジノには各種ボーナスがありますが、ボーナスを受け取るべきなのかまずはそこから考えてみましょう。

長く遊び続けるつもりはなかったり、多くの金額を賭けるつもりがない、または自分のプレイでゲームをやりたいという方の場合、ストレスになってしまうこともありますので、受け取らないという選択も一つの方法です。