オンラインカジノ雑知識

コンビニエンス化したギャンブル

お手軽すぎる遊戯環境

オンラインカジノはギャンブル界のコンビニ的存在です。実際のコンビニと違って、出かける必要もなく、インターネット回線とパソコンがあれば、自宅で好きな時間、好きなだけ遊ぶことができます。
コンビニ的存在ではあるのですが、基本的に運営母体が外国に存在するので、ちょっと見ただけでは、外国の品を扱っている怪しいお店にしか見えません。(もちろん店員さんも外国人!)

よく見ると違いがあれこれ

オンライン上に存在する謎コンビニの数々も、よく観察してみれば信頼できるかどうかの違いが分かってきます。特にペイアウトの表示を月ごと、ゲームカテゴリごとにしっかり記載しているところは、おおむね優良店です。カジノゲームを動かすソフトウェアは、まともなものであれば確率上のペイアウトが決まっています。
それを公表していないソフトウェアを使用しているところは、挙動があやしいものをそのまま使っているわけですから、あまり安心できません。
また契約料の高い大手ソフトを使っているカジノは、一定以上の資本力があることを暗に示しています。聞いたことのない謎のソフトウェアを使っているところと比べるとはるかに信用できます。

実際に公表されているペイアウト率はどれくらい?

実際に公表されているペイアウトはいどれぐらいなのでしょうか? スロットのように波が荒く、娯楽性優先のものであっても91%ほどはあります。
日本で遊べる宝くじの50%、競馬の70%、パチンコの80%と比べて、かなり高い数値です。
そして最適な戦い方が存在し、プレイヤーにも知識を要求するブラックジャックやビデオポーカーであれば99%以上のペイアウトを誇ります。

99%以上のペイアウトで店はやっていけるの?

ランドベースのカジノであれば、ハウス側の取り分が1%以下のゲームで長時間遊ばれるのは経営的にきついでしょうが、そこはオンラインカジノ。がんばってくれるのはソフトウェアとサーバーなので、人出がいるわけではなく、それゆえハウスの取り分が少なくとも、サービスを提供することができます。
ペイアウトが高い上に、客を呼ぶためにボーナスというものが存在するので、クレバーに立ち回れば、期待値が100%を上回ることも。

オンラインカジノ特有のもの、それはボーナス

初めて遊ぶ際には大体もらえるボーナスの存在は、オンラインカジノを魅力的なものを仕立てると共に、あれこれ払い戻し条件を課されるので、トラブルの元ともなっています。悪質カジノはこのボーナスを売りにすることが多く、好条件すぎるところはかえって怪しいです。
それでは実際、悪質なカジノに引っかかると、どんな目にあうかを段階的に書いていきます。

オンラインカジノ、質が悪くなってくると?

カジノの質が悪くなってくると、次のような行動をとってきます。

1.サポートの質が悪くなり返事をしなくなる → 2.支払いが遅くなる → 3.理由をつけてボーナスを含んだ勝ちを取り消す → 4.支払いをしなくなる → 5.客の金をもってトンズラする

5番まで行くのはレアケースですが(元々詐欺目的に立ち上げられたところだった)支払いが遅いクラスまではわたし自身経験しております。その時は10カ月以上かかりました。

悪質カジノへの対処方法は?

こちらも段階を書いていきます。

1.サポートに連絡する → 2.そこを紹介してくれたポータルに相談する → 3.該当カジノのライセンス発行元に相談する

3までいくとかなりおおごとで、それこそ法律を持ち出して交渉する可能性がでてきます。2は法律的な根拠もポータルの管理人が対応する義務もないのですが、かなり有効で、有名ポータルサイトのフォーラムなどに悪評を書きこまれないよう関係者が腐心しているのが分かります。

心配だったら有名ポータルでサインアップを

カジノマイスターという英語の超有名ポータルのフォーラムでは、各カジノグループにおけるサポート部門のマネージャーが返信してくれるところがあります。
末端サポートにたらい回しにされる確率がないので、ここで書きこみ、返事をもらった方が問題解決が早かったりします。

日本における一番のネックは?

オンラインカジノは玉石混交で、特に新しいところ、やたらボーナスのおいしいところには注意が必要です。しかし、日本における最大のネックは、いろいろ遊び倒そうとすると、英語が必要になることでしょう。会話はできなくても、英語サイトの文章を理解したり、英文メールを書いたりできないと、日本語ポータルが紹介している日本語サイトでしか遊べないので、かなり選択の幅がせばまります。

もちろん気になるあの問題……

誰もが気になる合法性はグレーとしか言えません。海外にサーバーや運営母体があっても100%安心とは限りません。(カジノではありませんが海外にサーバーがある成人向けサイトに警察のメスが入りました)
ただ、日本のネットカフェでオンラインカジノのゲームを遊ばせて逮捕者が出ましたが、あれは別問題。サイコロのかわりに、オンラインカジノのゲームの結果を使って客と店がお金のやりとりをしただけで、オンラインカジノ自体に問題があるわけではありません。客と店が賭け事をし、直接お金のやりとりをしたのが問題なのです。

異文化を楽しもう!

海外の雰囲気を手軽に味わえ、やる気のないサポートの態度も異文化として受け入れられるようなら、オンラインカジノはかなり楽しい遊びです。また、有益な情報やグチを交換できる知り合いができるのも魅力。(情報はほんとに大事です!)
様々なダメカジノにつかまれば、交渉力や根気も身につきますが、バックアップが得られる有名ポータルで紹介されているところでも十分遊べるとおもいます。新規開拓とそれについていくる苦労も、個人的には楽しいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です