所在地で変わるオンカジの合法性

オンラインカジノの違法性に関すること

日本人が日本にいて、オンラインカジノをプレイすることが、違法に当たるのかどうか気になる方は多いでしょう。
逮捕されてしまわないか検挙されてしまわないかということを心配している方は多いのではないでしょうか。オンラインカジノをプレイする上で、知っておきたいのがその違法性ですが、オンラインカジノは、合法でもなければ、違法でもないと考えられています。

オンラインカジノに関する法律ですが、現時点で、日本の法律にオンラインカジノを取り締まる法律はありません。このため、オンラインカジノは、法律のグレーゾーンとなってます。
日本では、インターネット関係に関する法整備はまだまだ遅れているといえます。オンラインカジノが登場して、それほど年月が経っていませんので、日本の法律がこれに対応しきれていないというのが現状なのです。

日本人が海外でカジノをするのと同じ

日本人がラスベガスやマカオなどの海外の国で、カジノでプレイをして取り締まりを受けたり、逮捕されてしまったという話は聞いたことがありません。
日本人が海外でカジノを楽しめるのは、海外においては海外の法律が適用されるからです。

オンラインカジノもこれと同様で、オンラインカジノは、海外にサーバーが置かれており、さらに合法としている国で運営されています。
運営業者も海外の業者ですし、これを日本の法律だけで、裁くことが出来ません。

オンラインカジノと知っておきたい法律

オンラインカジノで疑問になってくるのが、オンラインカジノは違法なのか合法なのかという点です。

大手の有名なオンラインカジノは、各国の政府から、正式にライセンスが発行されて、合法とされている国で運営されています。
つまり、オンラインカジノの運営業者が違法であるというわけではなく、現地で合法の上運営されています。
非合法の、許可を得ていない悪質なオンラインカジノはもちろん違法ですので、手を出すことは避けておく必要があります。

オンラインカジノは、上記の通り海外のカジノを日本国内でプレイしているということになります。つまり、マカオやラスベガスで、カジノをすることとなんら変わりはありません。
日本には賭博罪という法律がありますが、賭博に関する罪というのは、日本国内においてのみ適用される形になります。
つまり、日本人が海外でカジノをするのと同じように、オンラインカジノも違法にはならないということになります。

オンラインカジノは、海外にサーバーがあり運営元も海外にあるので、日本の業者が運営をしているというわけではなく、日本の法律だけでこれを裁くことが出来ません。
こういった特殊な事情から、オンラインカジノは、違法でもなければ、合法でもないグレーゾーンであると位置づけられています。

オンラインカジノの所在地に気を付ける

しかし、オンラインカジノでプレイを楽しむ場合には、そのオンラインカジノの所在地には十分気を付けるようにしましょう。
オンラインカジノが、日本国内で運営されていたりした場合や、ネットカフェなどのインカジなどは、明らかに違法となってしまいます。

これは、日本国内にサーバーがおかれていますので、賭博罪の対象となってしまい、逮捕されてしまうリスクが高いです。
特に、インカジにあたっては、摘発者がたくさん存在します。
オンラインカジノと、インカジは同じであると考えられがちですが、国内のお店で現金の精算をしているインカジは、胴元が日本にあるため、また別問題であり、違法性が高くなっています。

現在でもインカジは、摘発が急増していますので、こういったお店には絶対に足を運ばないように注意しましょう。

日本人プレイヤーが不起訴となった事件

オンラインカジノで遊んでいた日本人プレイヤーが、2016年3月に初逮捕される事件がありました。
しかし、結果的に、海外で合法とされているオンラインカジノ業者を摘発することが出来ないということで、不起訴処分という形になっています。
海外で合法とされているオンラインカジノの違法性を立証することはとても難しいので、最終的にはこのように不起訴処分となりました。

今後も、プレイヤーの逮捕や摘発などされる可能性は極めて低いですし、運営元を逮捕できない限り、警察がオンラインカジノを追うことはないと考えられています。